2017年9月24日(日)

今日も一日レッスンです。
レッスンの空き時間、ふと左手首が気になりました。

左手首と言えば、かれこれ2012年の10月頃から痛み出して、ずっと「なかなか治らない腱鞘炎だなぁ。きっとこれは職業病なんだろうな。」と思っていました。
その頃までは毎日死ぬほどしていた練習も痛む左手のためにと、それからは練習量をずっとセーブしてきました。
で、楽器は楽しいんだけど、痛みは増す一方で練習も満足に出来なくなってきて、ほとほと困ってきていたこの頃なんですが、ビジュアル的に左手首の異変に気付きました。


分かりますかね?
曲げた時に、手首にポコっと骨みたいな固いしこりが出てくるんです。
ナニコレ?
ググって見ました。
「手首 痛い 曲げる ポコっ」

ガングリオン

似たような写真とともに、このまるでアニメのタイトルのような言葉が出てきました。
日本語では結節腫といい、立派な腫瘍です。だいたいは良性らしいですが、、、だいたいって、、。

ショック。

良性だろうけど、腫瘍って。

明日病院行ってきます。

今日の一曲
Ray Brown Trio
「Some of My Friends Are… Singers」より

Little Boy
6人のシンガーと2曲ずつ、計12曲収録されているCD。
この曲はDiana Krallの歌です。
さすがRay Brown Trio、アレンジもバッチリ。
僕は何よりこの曲のGeoffrey Keezerのソロが大好きです。