2017年9月22日(金)

絶賛好評発売中のBoneologyのデビューCD「Introducing」に収録した僕のオリジナルの曲の譜面を当ホームページにアップロードしました。
http://yusukeimanishi.net/sheet-music/
良ければ2トロンボーンで是非演奏して下さい。

そして参考音源としてバンドメンバー全員でCD買って聴いて下さい。
https://www.amazon.co.jp/イントロデューシング-ボーンオロジー/dp/B071NLGZBW/ref=ntt_mus_ep_dpi_1

今日の一枚

水戸納豆 is 美味し。

今日の一曲
Christian Mcbride Big Band
「Bringin’ It」より

Optimism
師匠Steve Davis作曲の名曲。
初回録音はJackie McLean & The Mac Bandの「Fire & Love」というCD、その後One For Allの「Optimism」のタイトル曲にもなりました。
僕はこのOne For Allのバージョンでこの曲もOne For Allというグループも初めて聴いて、本当に文字通りぶっ飛んびました。
これが現代のジャズか!なんちゅーカッコ良さだ!と。
Susコードばっかのコード進行で、昔スティーブの前でこの曲でソロする機会があって超絶ワタワタしたのを思い出します。
さて、このCDはクリスチャン・マクブライドの今日発売の新譜。
彼のビッグバンドとしては2枚目の作品。
スティーブはOptimismだけの参加ですが、大学の先輩James Burton IIIが前作に引き続き全曲参加しているので、嬉しいです。