音楽家の体の使い方と楽器に対する意識

音楽家も自分の体を使って楽器を演奏する以上、スポーツと一緒で体の良い使い方と悪い使い方があります。
特に管楽器奏者は高音を出す時に力んでしまったり、いろいろ無意識に体の誤用をしてしまっているケースが多いと思うので、意識的に自分の体を正しく使えればすごく良いんじゃないかと思います。

僕は楽器を吹く時、体の出す小さな声もしっかり聞こえるように自分の内側に注意深く神経を向けて、体と対話するように心掛けて練習しているのですが、何日か前に体の使い方と楽器に対しての意識の持ち方にふと気付きがありました。

その気付きのおかげで少し興味が沸いてきたので、アレクサンダー・テクニークやボディ・マッピングの本を読みました。
これらの理論については初めて本で読みましたが、知ってた事、思い当たる事、知らなかった事、本には書いてないけどもう一本踏み込んだ内容で自分では確信してる事などいろいろあって面白いです。

これらの理論とは別に僕は楽器に対する意識の使い方も大事だと思います。
人間には体の周りにオーラというか意識が出てると思ってて、その使い方と言うかなんと言うかって感じなんですが、なんか怪しい雰囲気が漂ってきたので、今日はここら辺で。
さいなら、さいなら、さいなら。