最近買って良かったCD

最近ヘビロテで聴いてるCDですが、2枚あってそのうち1枚はトロンボニストのAlan Ferberの新譜『Roots & Transitions』


一曲一曲のストーリーがとても楽しめます。
4曲目にWAYFARERという曲が入ってて、「おお!?」と思いましたが、当然彼のオリジナルです。
こんな視点もあるんだなー。

2枚目はアルトサックスフォニスト、Will Vinsonの新譜『Perfectly Out Of Place』


一曲目の冒頭のストリングスからどっぷり浸かれます。
先ほどのAlan Ferberの作品でもそうですが、こういうリーダーの見ている、感じている世界を感じさせてくれる作品は好きです。