ネゲントロピー

物理学の大前提でエントロピー増大の法則があります。

エントロピーというのは事象や物質の状態の「乱雑さ」や「カオス度」つまり「無秩序さ」を表します。

生物学的にもエントロピー増大の法則はあって、それは漠然と老化現象と言われています。

ネゲントロピーは負のエントロピーの事で、生物はネゲントロピーを外から得ることによって体内からエントロピーを排出し、結果体内のエントロピーを低く保っているとされます。

ここまではよく物理学で聞く話なんですけど、僕が書こうと思ったのは、食べ物に限らず音楽や芸術、心に感じたりしたこともネゲントロピーなのかなってことで。

体だけでなく、心にもエントロピーみたいなのがあって、高まって吐き出すのが僕にとって作曲なのかなって。

ということで、久々に曲書きました。
この時期に感じた春の香り、息吹みたいなのを曲にしました。
そう言うと爽やかな印象受けそうですが、さてどうでしょう?
例によって例のごとく僕の新曲はセクステットのライブでします。
ちょっと先になりますが、乞うご期待です。

明日からとても暖かくなるようで、神戸では今日より6度も高い17℃になるとか。
何日かこの春の陽気が続くとか。
春一番(春先に吹く非常に強い風。爆弾低気圧が主な要因。)はまだですが、僕的には明日からが春かな〜って思ってます。

ちなみにこの陽気も一週間くらいしか続かずまた来週は寒くなりそうなんで、コートはまだクリーニング出したり、しまったりしない方が良いと思いますよー。